結婚指輪を個性的に

結婚指輪は日常的に身につけ、長くつきあう大切な指輪ですから、婚約指輪以上にこだわって自分らしく納得のできるものにしたいと考えている人は多いです。 婚約指輪は購入せずに、結婚指輪をダイヤモンドがリングを一周ぐるとセットされているエタニティーリングにしたり、婚約指輪と重ねづけすることを前提にデザインしたり、新郎の指輪と並べるとハートマークが描かれるデザインになっていたり、細かい細工がほどこすなど様々な工夫ができます。ただし、ダイヤモンドを入れたり、デザイン性が高い事からシンプルなものに比べて値段が高くなる傾向にあります。 見た目はシンプルでも、内側に誕生石を入れたり、メッセージを刻印することもできるので、内側にこだわって自分らしさを出す人もいます。 忘れてはいけないのは結婚指輪は男性も女性も購入するという点です。ペアで同じデザインのものをという場合は双方の意見を取り入れる必要があります。どちらかが個性的なデザインを好む場合、決着がつかないことがありますが、もともとペアでなければならないわけではなく、実際にデザインが異なるだけではなく別々のショップで購入したという人もいます。デザインが同じでもそれぞれの好みに合わせて指輪の素材を変えるカップルもいます。ペアのデザインにこだわらなければ、より個性的な指輪にすることが可能です。長く身につけるものだからこそ、お互いにこだわりぬいたものを選びたいものです。

 

結婚指輪を付ける意味

左手薬指に輝く結婚指輪はどの世代でも素敵ですね。 そもそもなぜ左手の薬指なのでしょうか。この慣習の起源は、古代ギリシャと言われています。左手の薬指は、心臓と直結しており人の心や愛を表す指であると考えられてきました。そのため、愛の証である指輪を左手薬指につけることで、命を持って永遠の愛を誓うという意味が込められているのです。 では、私たちが結婚指輪を付ける理由は何でしょうか。外見的に、左手薬指に指輪を付けることは、自分は結婚をしている、永遠の愛を誓い合った人がいるということを、他の人に伝える意味を持ちます、すなわち一目で既婚者であると知らしめる印であると言えます。内面的には、自分の配偶者と同じ指輪をすることで繋がりを感じられたり、お互いの愛を忘れずにいれる効果もあります。これらを活用して、中には配偶者の浮気防止のために付けさせるという人もいるようです。 結婚指輪を付けるか否かは本人たちの自由意思なので、「束縛感がある」等の理由で付けない人もいます。肝心なのは気持ちの持ち様なので、指輪に託す人もいればそうでない人もいるのですね。また、デザイン性のあるものを選んでしまったばかりに、職場に付けていけないということもありますので選ぶ際に気を付けたいものです。 指輪はとても小さなもので、外すと簡単に失くしてしまいます。指輪を「愛」に置き換えることもできるのではないでしょうか。実際に付けなくとも大切にしたいですね。